一般社団法人 日本催眠心理協会について

2012年12月に「日本催眠心理協会」を発足。 2014年 6月より「一般社団法人 日本催眠心理協会」へと変更。

当協会は、催眠をベースとして、様々な心理に関する学びを提供し、技術・テクニック・知識だけではなく心を育てることを大切にし、心理のプロを育成する団体として活動をしていきます。 催眠術は、人を深い催眠状態へと誘導し、まるで魔法のような現象を起こすことができます。幻覚を見せることも出来ますし、他にも日常では考えられないような不思議な現象を起こすことが出来ます。 催眠療法は、心の悩みを解決し様々な心理的な要因によって起こる症状を改善することが出来ます。禁煙やダイエット、能力開発も可能です。 そして、解明されていないことも多く、まだまだ大きな可能性を秘めている世界と言えるでしょう。 人の心に触れるからこそ、強力な力を持っているからこそ、扱う者の「心のあり方」が大切になってきます。強力な力で人を良い方向に導くことも出来れば、簡単に人を傷づけてしまうこともあることを常に強く意識しなければいけません。
日本催眠心理協会では、様々な活動を通じて、社会に貢献できるような心理のプロを育成していきます。

協会の目的

  1. 催眠を一般的に広める
  2. 社会に貢献できる心理のプロを育成する
  3. 催眠にこだわらず様々な心理を取り入れることによって新たな世界を創造する

協会の活動

  • 定期的に催眠を広め理解を深める活動をする
  • 定期的にプロを育成する為のセミナーを開催する
  • 定期的に心理に関する知識や情報を提供する

 

活動報告

【2015年】
●あなたの可能性が広がる「トランス革命体験セミナー」
●トランス革命~人生がますます良くなる自己催眠法~
【2014年】
●Matthew’s Hypno Works 〜logic & practice〜(催眠術特別セミナー)
●催眠を活用した あがり症・緊張症 改善セミナー
●催眠の力~人生がますます良くなる催眠~
●催眠術の館
【2013年】
●心理の館
●日本催眠心理協会 発足イベント『心理の館』

このページの先頭へ